空色の汽車

中島みゆきの「ホームにて」を久しぶりに聴いて、今まであまり気にしなかった歌詞に、あっ、と思い、みんなどう思っているのだろうかと、ネットで検索してみて、どれも、私の思いとは違っていたので、びっくりしました(^^)。

歌詞に出てくる「空色の汽車」。

私はずっと前から疑わずにブルーとレインだと思ってました(今でもそう確信してます)。でも、色んな解釈があったのでびっくり

列車は中島みゆきのふるさとの北海道に到着しなければいけません(と思ってます)。

で、どのブルトレかなと思うと、やっぱり北斗星っ
だから、この「ホームにて」は上野駅!!
と思ってました。(強引かな?)

他の方のブログでは「汽車」なので、DD51だと思われる、というのもありましたが、ふるさとへ向かうので、DD51だと北海道からどっか(都会へ)へ向かう事になるので、違うかな。

また「架空の汽車」だという解釈もあり、さまざまですね。


・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*

ふるさとへ向かいたいけど、乗車券まで買うのだけど、どうしても行けない(事情がある)。

乗ろうかどうしようかと悩んでいる内にドアが閉まって、列車の中の人たちの笑顔がうらやましく、自分には痛く突き刺さっている。

そして、今日も列車に乗れず、ネオンの街に戻っていく。

だけど、心はいつもホームで帰りの切符を握り締めて、帰りたい、帰りたい、と思っている。

(ホームにはドラマチックな場所ですよね!)


伝わってくる歌です。



ホームにて♪

ふるさとへ 向かう最終に
乗れる人は 急ぎなさいと
やさしい やさしい声の 駅長が
街なかに 叫ぶ
振り向けば 空色の汽車は
いま ドアが閉まりかけて
灯りともる 窓の中では 帰りびとが笑う
走りだせば 間に合うだろう
かざり荷物を ふり捨てて
街に 街に挨拶を
振り向けば ドアは閉まる

振り向けば 空色の汽車は
いま ドアが閉まりかけて
灯りともる 窓の中では 帰りびとが笑う
ふるさとは 走り続けた ホームの果て
叩き続けた 窓ガラスの果て
そして 手のひらに残るのは
白い煙と乗車券
涙の数 ため息の数 溜ってゆく空色のキップ
ネオンライトでは 燃やせない
ふるさと行きの乗車券

たそがれには 彷徨う街に
心は 今夜も ホームに たたずんでいる
ネオンライトでは 燃やせない
ふるさと行きの乗車券
ネオンライトでは 燃やせない
ふるさと行きの乗車券


"空色の汽車" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント