あかつき ~ブルトレを惜しんで~ No.3

観光アナウンス
・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*。.:*:・'゜☆。.:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*

明石海峡大橋付近を通過しようとする時、車掌さんからアナウンスがありました。
「もうすぐ明石海峡大橋が見えてきます。」
画像

おっ、おっ!見えた!見えた!


客車の編成
・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*。.:*:・'゜☆。.:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*
 
**なは**
 1号車―開放式B寝台
 2号車―開放式B寝台
 3号車―ソロ
 4号車―デュエット
**あかつき**
 5号車―開放式B寝台
 6号車―シングルデラックス
 7号車―シングルツイン/ツイン
 8号車―ソロ
 9号車―開放式B寝台
10号車―レガートシート


開放式B寝台
・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*。.:*:・'゜☆。.:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*

画像

★洗面
画像


★廊下
画像


★寝台
画像

画像

5号車には誰一人乗車していませんでした。他のB寝台も似たようなもんで、ほとんど人がいませんでした。8号車に2人連れと4人連れがいただけです(><)。お陰で写真撮り放題!…っつて、喜んでる場合じゃないですが(^^;;

大阪から合流してきた同乗者が、
「ほら、この音! う~んっていうこの音が14系の音やで」
と教えてくれました。

なるほどぉ…。
この音かあ。

う~んっ


「あかつき」と「なは」の境目
・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*。.:*:・'゜☆。.:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*
画像 画像

この車両から行き先が変わるんですね。

デュエット
・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*。.:*:・'゜☆。.:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*

★2階
画像


★1階
画像

うっひょ~っ、このデュエットは気に入りました!
帰りはデュエットにすればよかったかなぁと思うほど、居心地よさそうでした。
この車両には二組乗車してました。

ソロ
・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*。.:*:・'゜☆。.:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*

★2階
画像

2階に上がる階段が面白い! 絵の下は階段になってます。まさしく秘密基地への階段だぁ。近すぎてフレームに収められなかったのが残念っ。こんな時便利な広角レンズ。誰か買って!!

★1階
画像

ソロには数名の乗客がいるようでした。

レガートシート
・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*。.:*:・'゜☆。.:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*

★談話室
画像

窓が大きくて、ゆっくりできます。自動販売機はここと、6号車のシャワールームの前にひとつ。ホットはありません。コーヒー、お茶(PET)、アクエリアス(PET)、コーラ、水。

★女性専用エリア
画像


画像


★洗面
画像


★更衣室/トイレ
画像 画像


夜行バスより断~然っ居心地いいです!
洗面エリアも広いし、更衣室の中の全面鏡も、トイレも他の車両とはまったく違っていて、列車の中にいる事を忘れてしまいます。5号車の洗面とは大違い! 集客率をアップするために作ったのでしょうね。JRは何もしなかったわけではありません。ちゃんと頑張っていたんですね。

でも、残念ながら女性専用座席には誰もいませんでした。レガートシートには2人の乗客がいただけです。

あまりにも少ない乗車率に改めてびっくり。
全車両に20名も乗客がいたかなぁ? 30人はいなかっただろうな。

個室のひとつひとつはとても快適そう! 絵が飾ってあったり、階段が面白かったり。部屋毎のプライバシーにも気を使っているようでした。

*** 12月21日長崎新聞引用 ***
来年三月十五日付のダイヤ改正に伴い、長崎-京都間で一日一本ずつ運行している寝台特急「あかつき」を廃止すると発表した。
航空機や新幹線などの高速交通が充実した影響で、二〇〇六年の乗客が往復一日平均約百人にとどまるなど利用が低迷していた。

「速さ」や「安さ」「快適さ」が求められて、淘汰されていく姿が痛々しいです。
でもこれが現実なんです。



この記事へのコメント

tje
2007年12月26日 13:33
こんんちは。
レガートシートの車端部は(はどうなっているのだろう?
と思っていましたが、なるほどこのようになっていたんですね。

私が乗車した時は、高速バスと猛烈な勢いでバトルしていた時代です。
ゆえに、満席状態でした。座敷牢のようなソロも満席でした。

14系15形に限らず分散電源方式の客車は床下に発電用のディーゼルエンジンを積んでいますので5号車と9号車スハネフはとっても、うるさいです。
ちょっと申し上げにくいのですが、「なは」は4号車までです。
「なは」はトワイライトと同じ24系25形を使用していますので電源車があります。

しかし、ここまで乗車率が低いとは思っていませんでした。
理由ははっきりしています。
個室を連結しても使える切符がないので、新幹線のほうが安くなります。
北斗星はソロまで使える割引切符があります。
新幹線を増発し、それに接続するように特急が設定されています。
カーペットカーやB寝台をリネン抜きで普通車指定席とすれば乗るかもしれません。急行に格下げもいいと思います。
しかし、手遅れです…。

「旅」が「移動」にかわりました。
くらり
2007年12月26日 14:05
そうですね、5号車はあかつきでしたね、自信を持って間違えてしまいました(^^ゞ。ご指摘ありがとうございます!!
よかった、更新直後で。
それにしてもレガートシートが満席だったなんて!
nanami
2007年12月26日 21:49
こんばんは。
JRは意図的に個室を利用できる割引切符を作らなかったような気がします。
新幹線ばかり作ってどうするんでしょう?
新幹線の往復割引切符+αで個室が利用できる切符が欲しかったですね。

デュエット、いいですね~
女性専用のレガートシートもきれいでいいですね。
本当に惜しいです。
くらり
2007年12月28日 00:29
そうですね。
それに、今のままだと新幹線圧勝で終わってしまいますが、そのように仕掛けているのかもしれませんね。
レガートシートとデュエット、私も気に入ってしまいました!
えびの2号@元彗星愛用者
2008年11月25日 21:31
こんばんは。過去記事カキコですみません。「スハネフ15 14」懐かしいです。
「彗星」が余生を送っているころ、この車両が、南宮崎寄りの1号車によく繋がれていたんですよ。この1号車:南宮崎→延岡までは立席利用枠となっており、延岡以北で寝台セット(・・といっても上段に仮置きしている寝具、浴衣・ハンガーを下ろすだけ)されていました。私は宮崎県北部住民ですので、この彗星立席は頻繁に使っていましたよー。立席特急券は自由席特急券と同額でお値打ちだったんですが、マルス券に印字される「立席特急券では着席できません」の表示にいつも憤慨(笑)していました。「空席にお座りください」が正しい表現ですよね、輸送サービス業として。
彗星が単独運転の頃は、車掌は終点都城まで大阪車掌区担当でした。上りの大分駅では10分停車し、B寝台増結作業もありましたので、ビール買出しも兼ねて作業を見物したりしていました。(H6年秋)それを見守っていた車掌さんと少し話したんですが、印象に残っている言葉が「トワイライトもBコンはいつもガラガラや~」です(笑)。
くらり@あかつき好き♪
2008年11月26日 01:29
えびの2号さん、こんばんは!
あかつきにコメントがあると嬉しいですっ(^^)v この車両、彗星に繋がってたんですか?わ~っ。なんか嬉しいです。

九州に一人旅する時はブルトレの開放(貧乏だったので^^;;個室に乗るのは夢でした)に乗っていたのですが、超残念な事に、どのブルトレだったか全く気にも留めてなかったので覚えてません。寝台券残しておけば今楽しるのになぁ…。
トワのBコンがガラガラだったなんて!どひゃー、嘘みたいですね!!

「着席できません」の寝台券、見てみたかったです(^^)彗星、期間限定でも復活できないのかなぁ。タイムスリップしたいですね。