トワイライトエクスプレス乗車日記 3話

札幌駅4番ホーム
・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*。.:*:・'゜☆。.:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*

札幌駅の4番ホームに上がると、行き先電光掲示板はまだトワイライトを表示してはいなかった。

まずはデジカメの使い方を軽くチェックしながら(ああ、なんてあたしは機械音痴なんだろう!とモタモタもたもた…)、4番ホームのトワイライトEXPの入線を待つ事にした。

落ち着け、落ち着け! まだ時間はある。
その前に、入ってくる電車でデジカメの練習。
うん、なんとかなりそうかも?

ただちょっとだけ、よぎる不安。4番ホームのこっちの方向で待ってていいのか、ひょっとしたらあたしは逆方向で待っているかも?

誰かに聞こうと思ってホームの真ん中辺りに行ってみると行き先電光掲示板にトワイライトエクスプレスの文字が表示されている!!

やばい、もうすぐ入線だ!
掲示板

ホームの端っこに立っていると、いかにも! という感じのおっちゃんがカメラを持って構えている。こっち側のホームで正解みたいだ。

じっと、線路とカメラを確認して待機。
きゃーきゃーきゃー、いよいよだぁ!!

待つ。待つ。待つ。



来た?
画像



来たた?
画像


キターッ!!
画像



きたきたきた!
画像


おおおおっ。
画像


どわ~っ。
画像


どわどわ、どわ~っ。
画像


わああああっ。

スロネフ。
スロネ。
スシ。

画像

ああ、シャッターが間に合わないっ。

トワイライトは停止したぞ。
画像


今度は、停止した車両を後方から荷物を沢山持って追いかける。
画像


いやん、ピントがあってない(><)
画像


画像


画像


そして機関車に辿り着いて写真を撮っていた。
画像

画像

ついでに、DD51の運転士さんに「すみませーん。(運転士さんの)写真撮っていいですかぁ」とちょっと大きな声を掛けたら降りてきてくれて、帽子を貸してくれた。

ふふふふふ、その帽子、かぶっちゃった(^^v。

そうこうしていると、発車の時間だ。
ホームではもう誰も乗り込んでいる様子が見当たらないっ。
え~っ、もしかして、もうみんな乗ってるのーっ?

い、いかん、早く乗り込まなくては!


この記事へのコメント

nanami
2007年06月25日 12:47
入線してるところ良いですね。
キタキタ、トワイライトだ!!

次はいよいよですね♪
くらり
2007年06月25日 13:17
もうこの時点で大大大興奮っ!!でした。

もう一度、この場面にタイムスリップして乗車したいです~。
tje
2007年06月25日 16:39
おっ!第3編成ですね。
デジカメの弱点、シャッタースピードなんですよね。一眼レフならばモータードライブを使って1秒数コマ撮れるんですけどね。

JR北海道の機関士は降りてくれたんですか?
停車時間短いのに、ナイスサービスですね。
本当はスタフ(運転士用運転時刻表)の確認とか、車掌との無線通話試験とか、重連総括制御(DD51の重連は本務機で総括制御します)の確認とか、色々することがあるのですが・・・。う~ん、うらやましい!

さぁ、いよいよ乗車ですね。1号車乗務車掌のお出迎えはあるのか?
唯一、線路と直角のドアを開けた瞬間は如何に?
2007年06月25日 22:31
ええ、そうなんです、降りてきれくれました(^^v
本当は座ってる所を撮りたかったんですけど(^^;;でも、時間のない中、降りてきてくれてたんですね。
帽子かぶってたら、近くにいた親子ずれの親が子供に、「おまえもかぶってこい」って背中を押してたのが、面白かったですよ(^^)。